タグ: SEO

自分のWebサイトが検索結果に表示されない!?Googleで確認してみよう

Webサイトを作ってブログも書いているのにアクセス数が増えない……

悩んでGoogleで検索してみたら、Googleの検索結果に出てこない!なぜ…!?

こんなことはありませんか?

このような場合、考えられるのは大きく2通りあります。

  • 検索結果に表示されているが順位が低い
  • Googleにインデックスされていない(登録されていない)
  • まずは、どちらの理由で表示されていないかを調べますが、その前に簡単にGoogleの仕組みを説明します。

Google検索のかんたんな仕組み

Googleはインターネット上の電話帳みたいなものです。

なんでも検索できるGoogleでも、実はすべてのWebサイトが登録されているわけではありません。

Googleが作ったロボットがWebサイトを巡回し、登録できそうなサイトを登録していく仕組みになっています。

つまり登録されていなければ、ロボットへ巡回するように依頼すれば良いわけです。

Googleに登録されているかを調べる

まずはサイトがインデックスされているかを調べましょう。

当サイトを例に調べますので、ドメインをご自身のサイトに置き換えてください。


Googleへアクセスします。

アクセスしたら、次のように検索をします。

site:自分のサイト」のような形ですべて半角にしましょう。

上記のように表示されればGoogleにインデックスされています!

今回はGoogleにインデックスされているかが焦点のため、別の問題を探しましょう。

一方、次のように表示された場合はGoogleにインデックスされていません。

次の方法で、Googleのロボットに巡回を依頼しましょう。

インデックス依頼をする

コンテンツをGoogleに送信する方法というGoogleのページへ移動します。

可能であればWebマスターツールへ登録をしたいところですが、今回はとりあえずインデックスだけ依頼したいので「URLをGoogleのインデックスに追加」を選択します。

あとは次のようなページが表示されるので、登録したいURLを入力してリクエストを送信するだけです。

ページにも記載があるように、トップページを登録すればロボットがサイト内を巡回し、登録できる範囲で登録してくれます。

まずはトップページだけ登録しましょう。

2〜3日ほど様子をみたら、再度「site:◯◯」でインデックスされているかを調べましょう!

登録されていれば成功です!

まとめ

とっても時間をかけて作り込んでも、Googleの検索に表示されなければ意味がありません。

特にGoogleでインデックスされていない場合は気づきにくいので、たまにはGoogleで試してみると、インデックスされてなかった…!なんてことはよくあります。

一度ご自身のサイトがインデックスされているか調べてみてはいかがですか?

「Meta Description」が重要な理由

「Meta Description」ってご存知ですか?

昔から、Webサイト制作ではWebサイト自体には表示されない、

  • Meta Title メタ・タイトル(Webサイトのタイトル)
  • Meta Keyword メタ・キーワード(Webサイトのキーワード)
  • Meta Description メタ・デスクリプション(Webサイトの説明)

の3つ(他にもありますが)のメタタグを使うことが当たり前でした。

今回は、Meta Descriptionの重要性について説明したいと思います。

メタタグ

Meta Title(メタ・タイトル)

例えば、Meta Title(メタ・タイトル)であれば、次の画像のようにブラウザのタブウィンドウに表示されます。

また、検索で表示されるWebサイトタイトルにもなるため、SEOでも重要視されています。

ここに検索で優位にしたいキーワードを含めることで、検索結果にも反映されやすくなります。

Meta Keyword(メタ・キーワード)

Meta Keywordは、近年注目度が下がっています。

もともとMeta Keywordは検索エンジンにWebサイトの重要キーワードを教えてあげる役割を果たしていました。

しかし、近年Googleなどの検索エンジンの技術向上により、Meta Keyword無しでもサイトの内容を解析できるようになりました。

これにより、 サイト内のコンテンツが充実していなければキーワードを設定しても意味がない状態となっており「設定しても効果が薄い」と言われています。

今回の主題 Meta Description(メタ・デスクリプション)

さて、今回の本題、Meta Description(メタ・デスクリプション)です。

これは、Meta Titleよりもひっそりと利用されています。ここです↓

検索結果に表示される、サイト説明がMeta Descriptionです。

Meta DescriptionのSEO効果は現在意見が割れており、検索結果には意味が無いことも多いそうです。(検索エンジンの方向性によるので、今後より有効になる可能性もあります。)

しかし、Meta Descriptionは非常に重要なのです。

設定しないと……

Meta Keywordは設定しなくとも影響はありませんが、Meta Descriptionは影響がでます。

なぜなら、設定しないと検索キーワードの周辺の文章が抜粋表示されるからです。

上記はAdobeさんのヘルプページの検索結果です。Descriptionに設定がない場合は、上記のようにページの一部が抜粋されて表示されています。

先ほどの例はヘルプページですのでMeta Descriptionの設定は必要ありませんが、もし企業のトップページが上記のように表示されると、サイト説明の意味を失うでしょう。

キーワードが目立つ

先ほどのこの画像は「ホームページ制作」で検索した結果です。「ホームページ制作」が太字で表示されているのが分かるでしょうか。

先ほどのようにMeta Descriptionが空欄の場合は自動的にキーワード付近が表示されますが、自分で入力している場合は、キーワードがあれば太字表示され、キーワードがなければ目立たないまま表示されます。

全くキーワードが含まれていない場合、そのまま次の順位のサイトへ目移りするため、Meta Descriptionを設定する場合は、訪問する方がどんなキーワードで検索するかを意識するとよいでしょう。

文字数は?

もともとサイトの説明のため機能上の制約はありませんが、Googleの検索結果に表示される文字数は約120文字です。これ以上長くしてもSEO上の効果は無いため、120文字以内でWebサイトの説明を入力しましょう。

まとめ

Webサイトへ誘導するためのサイト説明 、Meta Description の重要性について記事にしてみました。私自身、気になるキーワードで検索した際に、Meta Descriptionに全く太字が含まれていないとスルーすることがあります。私自身も含めて、訪問者目線に立って設定できると良いですね!