カテゴリー: Blog

自分のWebサイトが検索結果に表示されない!?Googleで確認してみよう

Webサイトを作ってブログも書いているのにアクセス数が増えない……

悩んでGoogleで検索してみたら、Googleの検索結果に出てこない!なぜ…!?

こんなことはありませんか?

このような場合、考えられるのは大きく2通りあります。

  • 検索結果に表示されているが順位が低い
  • Googleにインデックスされていない(登録されていない)
  • まずは、どちらの理由で表示されていないかを調べますが、その前に簡単にGoogleの仕組みを説明します。

Google検索のかんたんな仕組み

Googleはインターネット上の電話帳みたいなものです。

なんでも検索できるGoogleでも、実はすべてのWebサイトが登録されているわけではありません。

Googleが作ったロボットがWebサイトを巡回し、登録できそうなサイトを登録していく仕組みになっています。

つまり登録されていなければ、ロボットへ巡回するように依頼すれば良いわけです。

Googleに登録されているかを調べる

まずはサイトがインデックスされているかを調べましょう。

当サイトを例に調べますので、ドメインをご自身のサイトに置き換えてください。


Googleへアクセスします。

アクセスしたら、次のように検索をします。

site:自分のサイト」のような形ですべて半角にしましょう。

上記のように表示されればGoogleにインデックスされています!

今回はGoogleにインデックスされているかが焦点のため、別の問題を探しましょう。

一方、次のように表示された場合はGoogleにインデックスされていません。

次の方法で、Googleのロボットに巡回を依頼しましょう。

インデックス依頼をする

コンテンツをGoogleに送信する方法というGoogleのページへ移動します。

可能であればWebマスターツールへ登録をしたいところですが、今回はとりあえずインデックスだけ依頼したいので「URLをGoogleのインデックスに追加」を選択します。

あとは次のようなページが表示されるので、登録したいURLを入力してリクエストを送信するだけです。

ページにも記載があるように、トップページを登録すればロボットがサイト内を巡回し、登録できる範囲で登録してくれます。

まずはトップページだけ登録しましょう。

2〜3日ほど様子をみたら、再度「site:◯◯」でインデックスされているかを調べましょう!

登録されていれば成功です!

まとめ

とっても時間をかけて作り込んでも、Googleの検索に表示されなければ意味がありません。

特にGoogleでインデックスされていない場合は気づきにくいので、たまにはGoogleで試してみると、インデックスされてなかった…!なんてことはよくあります。

一度ご自身のサイトがインデックスされているか調べてみてはいかがですか?

Facebookのカバー写真が汚い!? 綺麗にアップロードしよう

Facebook、有効活用していますか?

日本国内の月間アクティブユーザー数2,800万人と言われるFacebook。ビジネス用途でも大いに盛り上がっています。

さて、そんなFacebookですが、会社やビジネスのFacebookページを作成をした良いけれど、アップロードしたカバー写真の画質が悪くて困ったことはありませんか?

写真が汚くなる原因は再圧縮

写真が汚くなる理由は、Facebookに写真をアップロードするときに圧縮されるためです。

Facebook公式でも、写真の容量が100kb以上の場合に自動的に100kb未満になるように圧縮すると公言されています。

つまり、100kb未満の写真なら、そのままの画質でアップロードできるということ!

圧縮方法

PhotoshopやIllustratorなどのプロ用ツールでしたら100kb未満の書き出しは気楽に行なえます。

Photoshop

Photoshopなら書き出しの際にファイルサイズが表示されるので、100kb未満になるようにJPEGの画質を下げましょう。

Illustrator

Illustratorの場合、Web用に保存(従来)を使います。

左下に予想サイズが表示されるので、100kb未満にして書き出します。

PhotoshopやIllustrator以外

上記のソフトウェアがない場合は、まず解像度を公式推奨解像度(公式推奨 851 x 315 ピクセル)付近に変更します。

あとは、下記のような画像圧縮サービスで容量を減らしましょう!

まとめ

気になるFacebookページに行って、カバー写真が荒かったら少し残念な気持ちになるものです。

100kb未満にするだけで綺麗なFacebookカバーになりますので、ご自身のFacebookページを一度ご覧になり「確かになんとなく画像が汚いかも」と思ったら今回の方法をお試しください!

安く良いホームページをつくるコツは「余白を作る」こと!

こんにちは!

いきなりですが、良いホームページを作る時、写真ってとても大事ですよね。

良い写真はカメラマンにお願いすれば手に入れられますが、写真撮影を依頼をすると、どうしても費用がかかります。

予算の都合からやむを得ず、自分で撮影ということも多いかと思います。

今回は、そんな時に使えるちょっとしたテクニックをご紹介します。

当社株式会社YAのようなWeb制作会社や、チラシや名刺をつくるデザイナーなど、自分以外の人に編集してもらう時に便利なテクニックです。

普通に撮影すると…

ホームページに観葉植物の写真が必要になったら、どうやって撮影しますか?

観葉植物の全体が写るようにこうやって撮るかと思います。

このまま使う場合や、切り抜きをする場合にはよい撮り方です。

しかし、何に使うかわからない写真の場合は使いづらい写真、場合によっては全く使えない写真なってしまいます。

その理由は、使いやすい写真を見ると一目でわかります。

使いやすい写真

何に使うかわからないけど、観葉植物を載せたい!という場合は、先ほどの写真に加えてこんな写真も撮るのがベストです!

余計なものが沢山写っているので、SNSや、そのまま現像には全く使えません

しかし、余分なものが写っていても余白をたくさん作ることでホームページ制作チラシ制作では一番使いやすい写真になるんです。

実際に加工してみましょう。

加工してみると

アイキャッチ

例えば、アイキャッチとして使う場合は、

このように切り取ることで

こんなアイキャッチを作ることができます。

当記事のアイキャッチも、同様に作成しています。

商品画像

また、商品画像などで使われる正方形の画像が欲しいときも、

ここを切り取ることで、

見事に綺麗に正方形の画像を作ることができます。

単純に見えますが、最初の方法で撮った写真では結構難しい加工になります。

ということで、実際に加工してみました。

最初に取った画像でやってみると

アイキャッチ

比較するために同じ条件で無理やりアイキャッチを作ってみました。

横幅が少ないので、グラデーションをかけて誤魔化すか、

このように、写っている場所を更に切り抜ぬく方法でデザインする必要があります。

写真に余白が無いために、デザインの幅が狭くなってしまうわけです。

料金は増えるけれど切り抜けば使える

今回は運良く背景が白だったので、切り抜きたバージョンも作ってみました。

いい感じになりました!

今回は壁が単色のために切り抜きができましたが、背景が単色でない場合は、切り抜きに数千円費用がかかることもあります。

やはり、制作費用を抑えるならば広めに写真を撮ったほうが有利といえます。

疑問

さて、ここまで「余白を作ろう」という話をしてきましたが、一つ疑問が浮かんできます。

「小さく撮ったら画質(解像度)は足りなくならないの?」

ということです。

結論から言えばiPhone7を使っている場合、ホームページやA5サイズ程度のチラシなら、縦横半分程度まで対象物を小さく写してOKです。

今回推奨した写真も、縦半分より大きく写しています。

A4の紙いっぱいに写真を使いたい場合は、切り取るとボケてしまうため、余白をたっぷりとった写真と、対象に寄った写真を2枚撮ると安心です。

細かい話

2017年現在、一般的なパソコンディスプレイの横幅は1,920pxのため、Webサイトのアイキャッチは大きくて1,920px程度の画像を使用します。

一方、iPhone7で写真を撮ると、4,032px × 3,024pxの写真を撮影出来るため、縦横半分にしてもWebサイトで使うには十分な画質が得られます。

iPhone7でない場合でも、1,200万画素の周辺かそれ以上のカメラであれば同じ方法が使えますので、是非試してみてください!

まとめ

少し長くなったので、「寄って撮った写真」と「引いて撮った写真」場合で比較をしました。

寄って撮った写真

  • 壁を活かしたデザインができない
  • 正方形のアイコンや商品画像を作ることができない
  • 切り抜けば対応できるが、費用がかかる場合が多い

引いて撮った写真

  • 余白を活かしたデザインが自由にできる
  • 正方形のアイコンや商品画像も自由に作れる
  • 必要なら切り抜きも可能
  • A5サイズを越えると粗が出る

つまり

10秒程度手間をかけて、寄った写真引いた写真を用意するだけで、オールマイティなデザインが出来るようになります。

最後に

今回は、使いやすい写真を撮るコツをご案内しました。

後から使う写真を撮るとき、いつでも使える小技ですので、以下の三点を覚えていただければ大丈夫です!

  • 何に使うか判らない写真は大きく余白を取りましょう。
  • iPhone7(1,200万画素)で取った写真でも、対象物が50%程度で写っていれば十分引き延ばせます。
  • A5より大きいチラシに使う場合は、寄った写真も撮ると安心です。

少し専門的な話になってしまったので、「この方法で写真を撮ってみたけどよくわからない」。という場合は弊社、株式会社YAまでお気軽にご相談ください。

「Meta Description」が重要な理由

「Meta Description」ってご存知ですか?

昔から、Webサイト制作ではWebサイト自体には表示されない、

  • Meta Title メタ・タイトル(Webサイトのタイトル)
  • Meta Keyword メタ・キーワード(Webサイトのキーワード)
  • Meta Description メタ・デスクリプション(Webサイトの説明)

の3つ(他にもありますが)のメタタグを使うことが当たり前でした。

今回は、Meta Descriptionの重要性について説明したいと思います。

メタタグ

Meta Title(メタ・タイトル)

例えば、Meta Title(メタ・タイトル)であれば、次の画像のようにブラウザのタブウィンドウに表示されます。

また、検索で表示されるWebサイトタイトルにもなるため、SEOでも重要視されています。

ここに検索で優位にしたいキーワードを含めることで、検索結果にも反映されやすくなります。

Meta Keyword(メタ・キーワード)

Meta Keywordは、近年注目度が下がっています。

もともとMeta Keywordは検索エンジンにWebサイトの重要キーワードを教えてあげる役割を果たしていました。

しかし、近年Googleなどの検索エンジンの技術向上により、Meta Keyword無しでもサイトの内容を解析できるようになりました。

これにより、 サイト内のコンテンツが充実していなければキーワードを設定しても意味がない状態となっており「設定しても効果が薄い」と言われています。

今回の主題 Meta Description(メタ・デスクリプション)

さて、今回の本題、Meta Description(メタ・デスクリプション)です。

これは、Meta Titleよりもひっそりと利用されています。ここです↓

検索結果に表示される、サイト説明がMeta Descriptionです。

Meta DescriptionのSEO効果は現在意見が割れており、検索結果には意味が無いことも多いそうです。(検索エンジンの方向性によるので、今後より有効になる可能性もあります。)

しかし、Meta Descriptionは非常に重要なのです。

設定しないと……

Meta Keywordは設定しなくとも影響はありませんが、Meta Descriptionは影響がでます。

なぜなら、設定しないと検索キーワードの周辺の文章が抜粋表示されるからです。

上記はAdobeさんのヘルプページの検索結果です。Descriptionに設定がない場合は、上記のようにページの一部が抜粋されて表示されています。

先ほどの例はヘルプページですのでMeta Descriptionの設定は必要ありませんが、もし企業のトップページが上記のように表示されると、サイト説明の意味を失うでしょう。

キーワードが目立つ

先ほどのこの画像は「ホームページ制作」で検索した結果です。「ホームページ制作」が太字で表示されているのが分かるでしょうか。

先ほどのようにMeta Descriptionが空欄の場合は自動的にキーワード付近が表示されますが、自分で入力している場合は、キーワードがあれば太字表示され、キーワードがなければ目立たないまま表示されます。

全くキーワードが含まれていない場合、そのまま次の順位のサイトへ目移りするため、Meta Descriptionを設定する場合は、訪問する方がどんなキーワードで検索するかを意識するとよいでしょう。

文字数は?

もともとサイトの説明のため機能上の制約はありませんが、Googleの検索結果に表示される文字数は約120文字です。これ以上長くしてもSEO上の効果は無いため、120文字以内でWebサイトの説明を入力しましょう。

まとめ

Webサイトへ誘導するためのサイト説明 、Meta Description の重要性について記事にしてみました。私自身、気になるキーワードで検索した際に、Meta Descriptionに全く太字が含まれていないとスルーすることがあります。私自身も含めて、訪問者目線に立って設定できると良いですね!